ウォーキングの呼吸法と腹式呼吸の効果について

ウォーキングは、呼吸法に気をつけることで有効な有酸素運動になります。ただ歩くだけでも体に良い効果を生みますが、有酸素運動は酸素を多く取り入れながら行うことで、多くの酸素によって脂肪が燃えやすくなるダイエット効果抜群の運動です。

ウォーキングは呼吸法を取り入れやすい運動なので、最初は難しいかもしれませんが徐々に馴らしていってください。

ウォーキングの時の呼吸法は、腹式呼吸になります。腹式呼吸とは腹筋を使う呼吸で、鼻で息を吸いながらお腹に空気が溜まっているとイメージしながらお腹を膨らませていき、そして吸った空気をお腹をへこませながら吐いていきます。

理想としては、お腹をペタンコになるまでへこませて、息を吐き切ることです。しかし、ウォーキングをしながら息を吐き切るのは難しいのでそこまでしなくても構いませんが、お腹をへこませながら息を吐くということを意識して行ってください。

それと、歩くリズムに合わせて呼吸をするとやりやすくなります。おすすめとしては、2回吸って2回吐く、4回吸って4回吐くという方法です。この時にお腹も合わせて膨らませたりへこませたりして、腹式呼吸を行ってください。

腹式呼吸はウォーキングの時だけではなく、普段から行うと腹筋を鍛える効果に加え、多くの酸素を脳に届けることができるので脳を活性化させることもできます。また、血液の循環を良くしたり、むくみの改善などの効果が期待できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ