水分補給がウォーキング中に必要な理由とその方法について

ウォーキングをする時は、水分補給をすることがとても大切です。よく、痩せたいからと言って水分補給を我慢する人がいますが、喉が渇くということは体が水を欲しがっているということで、体は既に水が不足している状態です。我慢すると本格的に体内の水が不足し、脱水症状になってしまいます。

暑い夏場だと、熱中症になって命を落としかねないのです。また、体内の水が不足すると血液もドロドロの状態になって、心筋梗塞などの病気を招く原因にもなりかねません。ですから、水分をきちんと補給することが大切なのです。

まず、ウォーキングをする前にコップ1杯か2杯のミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲むようにして下さい。あまりたくさん飲み過ぎると、腹痛を起こす可能性がありますので、飲む量は自分の体に相談しながら調節するようにしてください。ウォーキング中に飲めるように、ペットボトルを持つようにして下さい。

歩きながら喉が乾いたらいつでも飲んで構いませんが、喉が乾かないからといって全く飲まないのは脱水症状になる恐れがあるので危険です。特に夏場のウォーキング中は、時間を決めて何分かおきに飲むようにしてください。

飲むものは水でも構いませんが、体はミネラルも欲しがっていますので、ミネラルウォーターかスポーツドリンクが適しています。しかし糖分が多いスポーツドリンクは、せっかく運動したのにカロリーを余分に摂ってしまうことになるので、あまり甘過ぎるものは避けるようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーキング

このページの先頭へ