.フィンガーパドルは水をキャッチする感覚を掴みやすくなる

人間は水に浮くようにできていますが、水泳を始めたばかりの頃は、補助器具があると安心です。ビート板は主にバタ足の練習をするときに手に持って使用し、息継ぎがうまくできないときでも、浮力の補助をしているので息継ぎを楽に行えるでしょう。手に付けて使用するタイプにはフィンガーパドルがあります。

水かきのように指を通してつけますが、ある程度泳げるようになってからの使用が適しています。使用するメリットは水をキャッチしてかくという感覚を掴みやすくなり、小さい手でも正しく水をかけば推進力につながることを感じ取るのが可能な点です。

また、水中での角度や向きが整わなければ、パドルをつけても水のかき方がうまくいかない人がいるでしょう。入水の角度、リリース時の手の動きを正しく行えば進みやすいのですが、無駄な動きがあれば、ストロークでは前に進めません。

競泳はストロークとキックによって前に進めるのですが、方法が誤っていると効率よく前に進む感覚を鍛えることはできないでしょう。フィンガーパドルは比較的負荷が少ないタイプなので、子どもが使っても特に問題はありません。

バタ足で進むことができるようになれば、パドルを少しずつ負荷の高いタイプに変えながらトレーニングを実施すると腕の筋力のアップをすることもできます。また、全ての泳法に利用することができ、肩にストレスがかかることなく効率のよいストロークの修得ができるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ