競泳水着は公式試合で着用するには、FIAN任意タイプが好ましい

競泳水着は、レジャー用と異なりサポート力や伸縮性に富んでいることが求められます。また、オリンピック、世界選手権など世界レベルの公式の競技会に出場するためには、FINAの規定をクリアした承認タイプを利用しなければいけません。

FINAとは世界水泳連盟のことで、水着について細かい規定を設けていて、全ての規定にパスした製品のみに承認マークをつけ、大会での着用を義務づけています。形態としては、男子は上半身が裸であることが基本で、下半身のパンツ部分の上限はおへそを超えず、股下は膝より長くないことです。

そして、女子は首、肩、腕を隠さないタイプで肩から首までを覆うタイプであることが必要であると明記されています。さらに、インナー、アンダーウェア、サポーターの着用は禁止で、裏地も認められていません。もし、大会で承認マークのないタイプの着用が発覚すると失格扱いになります。

FINAの規定に連動して日本国内でも独自の規定を設けています。国内の公式大会での水着は承認マーク付でなければ、仮に出場が許可されても記録は承認の対象から外れます。そのため、たとえ新記録で泳いだとしても幻の記録となってしまうのです。

世界記録や日本記録が公認される条件は、着用水着の承認マークをスキャンしたときに、登録情報と事前の申請情報に相違がないことが基本で、連盟が主催する大会にはそれぞれ独自の参加条件もありますので、参加前に違反しない様に確認をすることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ