日本水泳連盟は国内のウォータースポーツの統括をする

日本水泳連盟は公益財団法人で、日本国内の競泳を始めとするウォータースポーツの振興と発展に努め、統括している団体です。略称は英語表記の頭文字をとってJASFと記載されています。また、多くの大会を主催していて、競技記録を公式記録として認定したり、世界水泳連盟に申請を行なったりしています。

そのため、主催大会に出場するためには、JASFの規制に従って競技に参加しなければなりません。主催している主な競泳大会には長水路と短水路の日本選手権、実業単、学生、高等学校、中学校などの選手権などがあります。

また、シンクロではジャパンオープン、チャレンジカップ、13歳から15歳を対象にした競技会、その他、飛び込み、水球、オープンウォーターなどの大会についての開催も行っています。競技における記録が公式のものであると認定されるためには、このような連盟が主催する競技会に出場しなければならず、さらに上位の国際大会に出場するためにも大切なプロセスなのです。

また、連盟の公式ホームページでは、競泳、水球、シンクロ、飛び込み、オープンウォーター、日本泳法の各競技の大会情報、標準記録、ランキングを掲載しているだけでなく、ルールブックのダウンロードができるようになっています。

さらに、日本各地で泳力検定を定期的に開催して、水泳人口の底辺の拡大に努めています。泳力検定は男女別に1級から5級まで設定されていて、12に区分けされている年齢別のタイムをクリアすることによって認定されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ