インカレとは日本の大学を対象にした水泳競技会

日本学生選手権水泳競技大会とは大学対抗で行われるもので、通称インカレです。試合は男女別に開催され、試合結果から獲得した点数の総合で順位を決定し、優勝大学のうち、男子には天皇杯、女子には奥野杯が授与されます。

得点を得るためには、予選を戦った結果上位8人が決勝に進んで優勝争いをしますが、9位から16位の選手はB決勝を行ってその結果によって得点が付与されます。また、800m、1500mにおいてB決勝は実施せず、予選の結果による順位に従って得点を付与するシステムです。

実施される種目は、男子の自由形は50mから1500mまで5種目あり。そして、背泳ぎ、バタフライ、平泳ぎはそれぞれ100mと200mが実施されます。その他、個人メドレーは200mと400m、フリーリレーは400mと800m、メドレーリレーは400mの競技が行われ、女子の種目も男子とほぼ同じですが、1500mは800mです。

仮に、これらの種目を泳いで同タイムの記録を出した選手が複数残ったことによって、決勝グループもしくはB決勝グループの人数が8人以上になってしまう場合には、タイムが同じ選手だけで再試合を行って順位を確定するのです。

競技の修了後に男女別に得点を総合しますが、1位から8位になった大学には翌年の予選会出場免除されるシード権が与えられます。得点が同じ学校が2校以上となり8校をオーバーするときには、リレーの得点差によって優劣が決められますが、さらに同点になった時には入賞者の人数が多い学校が優位です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ