ロングスパッツはエクササイズ用して利用されている

水着の種類にはトップアスリート用、競泳用、練習用、レジャー用で分けることができますが、水泳競技に出場するには、国際水泳連盟承認のマークがついているものでなければなりません。しかし、練習用はこの限りではなく、特に規定はありません。

そのため、足首までの長さがあるロングスパッツタイプのウェアを利用することができます。このタイプは男性用、女性用とあり、公式試合には着用することはできませんが、アクアビクスやアクアサイズなど水中でのエクササイズ用として利用する人が多いです。

ロングスパッツはくるぶしまで足全体を覆うのが特徴ですが、保温性が高いので長時間プールの中にいても、下半身が冷える心配がありません。そのためエクササイズだけでなく練習用としても適したスタイルと言えるでしょう。男性は通常は下半身部分のみですが、上半身があるタイプも売られています。

対して女性用の一般的なタイプは上半身からつながったタイプで、中には上下に分かれているタイプもあります。国際水泳連盟の規則によれば、水着の股下は膝丈までが限度になっていますので、膝を超えた長さのものは違反扱いとなります。

その他の規定には、男性上半身には何も身に着けずにパンツのみで、サポータの着用も禁止です。女性は肩からひざ丈までのウェアで、首、肩、腕を隠すタイプは禁止で、ブラカップの着用も認められていません。生地の厚さも制限があり、非常に薄いのでメーカーは透けないような対策も行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ