ラバーキャップはウエットスーツと同素材でできている

スイムキャップはスイミングクラブだけでなく、レジャー施設としてのプールでも着用が義務づけられていることがあります。抜け毛や髪の毛に着けている整髪料などによるプールの汚染の予防効果があるだけでなく、塩素による髪の毛のダメージを予防するためにも被った方が効果的です。

キャップは素材によって種類があり、メッシュ製やシリコン製が一般的ですが、ウェットスーツと同じ素材でできているラバーキャップもあります。
スイムキャップは頭にフィットさせれば髪の毛が濡れるのを防ぐことができます。

特にラバー素材は伸縮性、フィット性に優れているので、髪の毛をきちっと収めることができますが、フィットする分通気性が乏しいので、蒸れやすいというのが特徴です。この他のシリコン製はシリコンゴムが素材なので、薄くて伸縮性があります。

しかし、保存の状態によっては劣化しやすくなり、ピアスをつけたままかぶってしまうと穴が開いて、そこから破けてしまうことがあるので注意が必要です。もう一つのメッシュ製は通気性があるのですが、その分髪の毛が濡れやすい状態になるので、濡れてダメージを受けやすいでしょう。

キャップのかぶり方のポイントは、すっぽりと頭を覆うことです。後れ毛を出したりせずに全て収めるようにするには、長い髪の毛は先にゴムなどでまとめておくと便利です。水泳の練習においても、キャップをかぶっておくと水の抵抗が軽減されて、泳ぎやすくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ