メッシュキャップは通気性があり蒸れにくい

スイムキャップは、水泳をする場合には装着が義務付けられています。理由は簡単で、水中に抜けた髪の毛が浮遊して汚れるのを防ぐためと、髪の毛を塩素から守ってダメージを得にくくするためです。素材によって種類があり、もっとも安価なタイプがメッシュキャップでしょう。

学校のプールの授業などで使用されることが多く、全体が網状になっているので頭が蒸れにくいという特徴を持っていますが、フィット感という観点からは少し物足りない面があります。素材にはポリウレタンが使用されているため、使用後には水でよくすすぐか、中性洗剤で押し洗いをしたあと、陰干しをすることで長持ちするでしょう。

この他にはシリコン製のキャップがよく利用されていますが、伸縮性がありフィットしやすいという特徴を持っています。通気性が良くないので頭が蒸れやすいのですが、髪の毛が直にプールの水にふれることがないので髪の毛が痛みにくいのです。

お手入れの方法は、水でよく塩素分を洗い流し、陰干しでよく乾かしてください。長期間保存する場合には、タルカムパウダーなどをはたいてくっつかない様にすることが大切で、湿度の高い場所にそのまま放置すると劣化の原因になります。

また、使用には頭全体をすっぽりと覆うのが基本の正しいつけ方で、髪の毛の長い人はゴムなどでひとつにまとめてから被ると、きれいに全体を覆うことができるでしょう。前髪を出したり、耳の脇から髪の毛を出したりといったおしゃれを意識した使用方法は間違っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ