ミラータイプは太陽光をまぶしさを防止する

水泳をするときにはゴーグルの装着が推奨されていますが、これは塩素や感染症、紫外線から目を守るという目的を持っているためです。また、ゴーグルのアイカップにはUVカット加工、くもり止め加工以外にミラーレンズを使用しているタイプがあります。

ミラータイプは一般の水泳用としても利用されていますが、元はトライアスロン用に開発された製品で、太陽光のまぶしさの防止が可能です。その他、外側からは装着している人の目の表情が見えないため、心理作戦が必要な場合に重宝するなど、集中力を高めるために使用している人もいます。

安価なタイプなどは、大きさが一定で男女兼用になっているものもありますが、骨格の大きさは人それぞれですし、男性と女性とでは目の間隔に差異があります。そのため、できるだけ顔にフィットするタイプを選んで装着することが大切で、それによって隙間から水が入ったり、目の周りが痛くなったりするのを予防できるのです。

ゴーグルは顔の形状に合ったタイプを選んで正しく装着することで、泳ぎやすくなります。装着する前には、アイカップの間にある鼻ベルトの位置や幅を調整したり、ベルトの長さを調整したりしておきましょう。

そして、アイカップを目に当てたら、ベルトを頭に回してフィットさせるのがコツです。この時、ベルトは必ず耳のラインより上に来るようにしてください。ベルトが2本に分かれている場合には、拡げて装着するとずれにくくなり、隙間から水が浸入することがなくなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ