マイクロファイバーは泡立ちが良く、吸水性や速乾性にも優れている

マイクロファイバーは埃を吸いやすい、水を吸いやすいなどの特徴を持っている繊維で、雑巾、モップ、タオルなど幅広く活用されています。中でもスイミング用として販売されている製品は吸水率が高いので、濡れた体を拭くなど髪の毛のタオルドライに向いています。

練習後には早めに乾かしたいものですが、一般のスポーツ用では、速乾性や吸水率は普通にありますが、すっかりと乾かすことは難しいです。
一方、マイクロファイバー製の製品は、非常に薄いのですが水をよく吸うことができるという特徴を持っています。

また、毎日のように使用しても、洗濯機で気を使うことなく洗えますし、脱水後に干しておくと数時間で乾いてしまうので、洗濯の面でも優等生と言えるでしょう。
また、スイミングクラブや競技会への参加には荷物が少ない方が楽なので、薄いタオルの方が重宝します。

見た目はフェイスタオルのようで軽く、石鹸の泡立ちをよくするという特徴もある上、石鹸分を洗って絞ればすぐに体をすっかりと拭くことができるという優れものの素材です。日焼け防止用のスカーフとして使用する人もいて、屋外でのジョギングやウォーキングの際にと首に巻いておけば、汗を吸うとともに紫外線から首筋を守ることもできるのです。

タオルでありながら、何通りもの使い道があるのがマイクロファイバー製のタオルです。ただし、フカフカとした感触はありませんので肌触りの点から言うと、あまり良い印象を持つ人はいないかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ