ポリエステルは水着の代表的な素材のひとつ

水着の素材のひとつとして使用されているのがポリエステルで、弾力性を持っているので水着が伸縮する性質のためには必要です。また、弾力を回復される力があることから形状を安定させる効果も持っており、強度が強いので、水着の耐久性を保持するために効果のある素材であると言えるでしょう。

なにより、水を吸いにくいという性質があり、速乾性に優れているため水着の素材として適しています。一般に水着ではポリウレタンと合成して使用される場合が多く、それによって伸縮性を実現しています。

伸び縮みが優れているので、体にフィットして水を入りにくくする効果を作り出せるので、水の抵抗を受けにくい製品を作ることが可能です。ただ、ポリウレタンには塩素に弱いという特徴があるので、ポリエステルとの合成素材で作られている水着はプールの塩素で劣化しやすいでしょう。

具体的な劣化の現象として、まず伸縮性が弱くなることが挙げられます。フィット感がなくなって、伸び縮みしなくなったら劣化が始まっているサインです。次に、水の通りが激しい部分の生地が薄くなってたるんで来たら劣化が進んでいて、さらに進むと水着全体がべとついたようになります。

最終的には粉を吹いた状態になりますが、これは劣化によって糸がほつれた状態になるのが原因で、ここまで来たら買い替えを考えた方が良いと言えます。しかし、使用後のお手入れ次第で、長く使用することが可能で、プールから上がったら早めに水で洗うこと、手で押し洗いをすること、陰干しをすることが秘訣です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ