ボクサー型は男子用の水着で股下の丈があるタイプ

水着のバリエーションは豊富で、女性用だけでなく男性用も用途によっていろいろなタイプがあります。オリンピックなどの国際試合で男子選手が着用している競泳用の水着は、面積の小さいビキニやブーメランタイプが多く見られるでしょう。

また、股下がある水着もあり、1分程度の丈があるものをショートボクサー型と呼んでいます。下着のボクサーパンツと同様の型をしていますが、前が閉じているのが相違点です。

太ももは大部分が露出しますので、足の筋肉が発達している場合には、ヒップのサイズも考慮してサイズの確認をしないと、泳ぎにくくなることがあるでしょう。
ボクサー型は水の抵抗を考えて作られたタイプではありませんので、中には競泳用もありますが、本格的な競泳用の水着としてはあまり適していません。

ただし、耐久性には優れていて、プールの塩素による劣化の可能性が低く、洗濯機で洗っても心配のない製品が多いでしょう。また、普及タイプであることから、毎年の流行もあり、デザイン性が高く、カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。
競技会で良い成績を出すためには、それ相応のウェアを用いることが必要です。

競技用の水着は水が入り込まないほど密着性が高く、水の抵抗を受けにくいタイプでなければなりません。そのためには、腰骨の下で履くように設計されているビキニ型のような面積の少ない水着が適しています。ただし、このタイプは耐久性が弱いので、練習でも着用すると頻繁に買い替えなければならなくなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ