ボックスは男子用の水着で股下が1分程度の長さがある

ボックスというのは男子用の水着の形のことで、股下の長さが1分丈くらいあります。わずかに太ももにかかる程度の長さなので、足の可動範囲があまり広くないこともあり、競泳用の製品はあまり多くはありません。

太ももが発達している場合には、足にかかる部分がめくれあがってくることを心配して、使用を躊躇する人がいるのですが、もう少し丈の長い種類もあるので、試着をしてどの程度の長さなのか確認するとよいでしょう。

ボックス水着は比較的価格が安くデザインも豊富にあるため、レジャー用としては広く普及をしているので、競技会以外の場では比較的多くの人が利用しています。また、耐久性が高く、頻繁にプールの塩素に浸かったり洗濯をしても長持ちするという特徴があるので、競泳の練習用として使用するには非常に適していると言えます。

公式に記録を残すような水泳大会に出場する場合には、FIANの認証マークのない水着の着用はできないことから、着用するウェアのスタイルは限定されます。

例えば競泳用の特徴としては、伸縮性が低い、密着度が高い、耐久性に乏しいということが挙げられるでしょう。そして、デザインは男子は腰骨付近の位置で履くようなブリーフ型やブーメラン型などの露出の多いものが一般的です。

一方、水着の規制がない小さな大会では、どのようなタイプを着用しても問題はないのですが、記録や順位にこだわるのならば股下の長さが記録に影響をすることもあるので、水の抵抗力を受けにくいウェアを着用した方が有利になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ