ブーメランとはブリーフタイプの男性用水着

水着は男性用と女性用とではデザインが全く異なります。男性の場合には、上半身のないタイプがほとんどで大別するとブリーフ、ショートボクサー、スパッツなどのタイプがあり、スパッツは股下の長さによってロングとショートの2種類です。

このような分類からブーメランはブリーフタイプに属し、男性は公式の競技会では水着の下にサポーターの着用が禁止されているので、ボディにフィットするタイプが好まれる傾向にあるでしょう。

ブリーフタイプは足の付け根までしか股下がないので、足の可動域が広く動かしやすいという特徴があります。中でもブーメランは競泳用で水着を前から見た形状から呼ばれる名称で、小さめでボディにフィットしているのです。

その他にはサイドラインが細いビキニと呼ばれるタイプもありますが、競泳よりはボディビルダーが肉体を強調するために使用することが多いでしょう。しかし、ビルダーパンツとは分けられています。

また、ショートボクサータイプは股下が1分丈ほどあり、商品の種類が多いのが特徴で競泳用として利用する人もいます。男性用の水着の種類で最も選手の使用率が高いのは、ショートスパッツとよばれる型で股下が2分から5分くらいの長さのものです。

中でも、4分から5分丈のものは、ロングトランクスと呼ばれて選手の間では主流となっています。膝下からくるぶしまでの丈がある水着をロングスパッツと位置付けていますが、国際水泳連盟が主催する公式の競技会では着用が禁止されているので、競泳の選手の着用はほとんどありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ