タオルには用途によって種類がありスポーツ用は特に大きい

スポーツ後に汗をぬぐったり、濡れた体や髪の毛の水分を拭き取ったりするために使用するのは大判のタイプが多く、一般にはスポーツタオルと呼ばれています。

特徴は大判であることだけではなく、厚みもあり吸水性が高く、また、頻繁な洗濯にも耐えられるように丈夫に作られていて、色褪せ、肌触り、吸水性が長持ちするように工夫されています。常に清潔でいられるように、何度洗っても使い心地が失われることのないような加工が施されたものが多いです。

タオルとは、木綿やシルク性などのハンカチーフとは異なり、大きさや用途が幅広く、公の場ではあまり使用されませんがアイロンをかけなくても良いことから、気軽に持つ人が多いアイテムです。

日本では特に今治市が産地として有名で、世界中でも高品質であることが知られており、その製品の価値の高さは世界が認めています。性能が高い分、割高感はありますが、長期間良い状態で使用することができるでしょう。

サイズで区分すると、ハンドタイプ、フェイスタイプ、お風呂用、ボディ用、スポーツ用などがあります。ハンドタイプはハンカチの代わりに利用するもので、頻繁に汚す子どもなどにも気軽に持たすことが可能です。そして、体を洗うためのボディ用には綿だけでなく、朝、絹などの素材があり泡たちや汚れ落ちに工夫が凝らされています。

お風呂用は大きめのサイズですが、スポーツ用よりは少し小さめにできており、お風呂上りに体の水分を吸収するのに適しています。また、夏場に肌掛けの代わりとしてタオルケットを使用すると、汗を吸収しやすいのであせもを予防して安眠しやすくなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ