オープンバックは競技用にデザインされた女性の水着

オープンバックスタイルの競泳用水着は主に女性用で、ハーフスパッツ丈で背中が開いているのが特徴です。通称FINAの国際水泳連盟が承認しているモデルであれば、競技会で着用することが可能です。ボディーラインをカバーする効果が高く、マスターズの選手にも愛用者が多くいます。

公式競技に出場するためには、水泳連盟が承認している水着を着用しなければならないという規定があります。スポーツメーカーは選手が少ない水の抵抗で良い泳ぎができるように、生地やスタイルに工夫と研究を重ねていますが、どんなに良い水着を作成しても承認が得られなければ選手に提供することはできません。

例えばオリンピックや世界選手権などに出場するためには、国際水泳連盟が承認した水着を着用しなければ失格となります。そのためには連盟が提案する細かい規定をクリアしなければなりません。

詳細な基準は非公開になっていますが、公開されている条件は、男子の水着は下半身のみで、へその下から膝までの間の長さであること。女性は肩から膝までの間の長さで、首、肩、腕は隠してはならないとなっています。さらにサポーターやブラカップの着用も認められていませんし、絆創こうさえもはがさなければなりません。

水着の審査にパスするとFINAから承認のバーコードを付与されるのですが、その状態を維持したままで販売や使用をしなければなりません。万が一改良を加えてしまうと違反となり、レースへの参加ができないこともあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ