アイカップとはスイミング用ゴーグルの一部

水泳競技への参加に必要な装備は、水着、ヘアキャップ、ゴーグルです。アイカップというのは、ゴーグルを構成している部品の一部でレンズの部分を指します。この他には、ズレ防止の鼻ベルト、頭に固定するためのベルトなどで構成されていいます。

泳ぐ時に塩素や感染症から目の保護をする役割があるため、必ずと言っていいほど利用されている装備です。また、進化系の製品として、アイカップに曇り止めが施されていて、水温の差によってくもらない様に工夫されていたり、度がついたりしている製品もあります。

また、アイカップの素材はプラスチック製がほとんどで競技用の場合にプラスチックの素材のままとなっているのですが、目の周りに圧着させて使用することから、直接プラスチックが触れると跡がついたり、痛みを伴うことを嫌う選手もいます。そのため、カップの周りに緩衝材としてクッション素材を用いている製品が多くなっています。

正式な大会への出場には、主催している水泳協会の公認を得た装備でなければならないという規則がありますので、必ず注意事項を確認して正しい製品を使用することが必要です。

そのため、どんなに自分の好みの商品があったとしても、それはファッションもしくはレジャー用として使用するしかありません。さらに、競技用・スイミング用のゴーグルを、ダイビングの時に使用すると非常に危険ですので、必ず用途を守って利用することで安全を維持することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ