決勝に進むことができるのは予選出場選手中たったの8人

水泳の競技会で決勝戦に残るには、予選にエントリーした選手のなかからたったの8人しかいません。エントリーした選手が多いほど、トップの8人に残るのは容易ではなく、有終の美を飾るのはたったひとりで、優勝によってピラミッドの頂点に立つことができるのです。

水泳の競技会では、まず8人単位で予選を行い、この時のタイムの良い順番に上位の16人が選ばれて準決勝に進むことができます。 この時に残る事が出来るのは、各組の上位でゴールした者ということではなく、エントリーをして予選を泳いだ全選手のなかからタイムの良い順番の16人だけです。

そのため、選ばれる人が1人もいない組もあれば、同組から数人が残る組も出てきます。そして、勝ち進んだ16人を2組に分けて競技を行い、半数が最終戦に臨むことができます。

競泳の試合は、タイムで勝敗が決まってしまうので、予選の時から全力で泳ぐ選手もいますが、体力の回復が間に合わない場合には、次の試合で実力を発揮できない可能性もあります。全ての参加選手は決勝戦で、トップでゴールすることを目標にトレーニングを積んでいます。

しかし、実力が伯仲していて同タイム・同着の選手がいる場合には、再試合を行って人より多く泳ぐという可能性や、体力を温存したまま最終戦まで進めることもあるでしょう。選手はあらゆる状況を予測して、コーチと相談をしながら練習メニューを組み立てて、試合に備えることが必要と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ