スイムオフとは水泳競技における再試合のこと

スイムオフは、ゴルフなどでいえばプレーオフと同義語で水泳競技においての再試合のことで、別の言い方では勝者決定戦と言うこともあります。水泳では出場種目の距離を泳いで、そのタイムによって優劣を競いますが、偶然にも1/100秒までのタイムが全く同じ場合もあるでしょう。

たとえ、同タイムの選手がいたとしても、準決勝、決勝に進む人数に変動がなければ問題はないのですが、既定の人数よりも多くなってしまう場合には、再試合をして次の段階に進める人数を決定しなければならないのです。

試合は、同じ記録の選手のみで実施されるのですが、競技種目は100m自由形や1500m自由形など同じ出場種目を泳がなければなりません。種目によっては体力の消耗が著しくなってしまい、勝ち進んだとしても後の試合に影響を及ぼす可能性があり、他の選手よりも不利になってしまうことはいなめません。

そのため、他の種目への出場を予定している場合には、タイムや順位を考慮して棄権を選択する選手もいます。また、再試合において勝者となった選手が他の準決勝または決勝進出を決めている選手よりも良い記録を得たとしても、スイムオフ前のタイムによってコース順が決定されるのです。

水泳競技は1/100の秒が順位に大きな影響を及しますが、かつてオリンピックの決勝で、同タイムでゴールした時には、同着扱いとなり2人に金メダルが授与されたことがあります。また、再試合において勝者となった選手の記録が他の準決勝または決勝進出を決めている人よりも良い記録だったとしても、スイムオフ前のタイムによってコース順が決定されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ