申込によって出場できる水泳の競技会は少ない

水泳競技をはじめとするスポーツ競技は、参加希望者がすべて申込できるわけではありません。一般参加が認められている大会を除いては、参加人数が多すぎると競技の進行に支障が出てしまうこともあり、出場資格が定められています。

例えば日本選手権に出場するためには、日本水泳連盟が指定する競技会に出場して得た成績によって資格が認められています。小さな大会で好成績を収めることができれば次のレベルの競技会に出場できます。

さらに国際大会になると、国際水泳連盟が定める規定をクリアして世界の舞台で活躍できる優秀な選手を送り込むために、日本代表選手の選考においては、国際大会派遣への独自の厳しい基準を定めています。

派遣標準記録IIに選定されるためには、国際大会で16位以内となることが必要で、派遣標準記録Iに選定されるためには、国際大会8以内、そして、Sランクに認められるためには、表彰台に登らなければなりません。

基本的に、この規定以外では選出されることはありませんので、たとえ国内の試合で、日本記録で優勝したとしても代表として選ばれない可能性があります。

このような厳しい基準があるため、当然のことながら世界選手権やオリンピックのようなトップスイマーが集結する大舞台には申込などでは参加することは不可能です。段階を踏んで実績を残さなければ実力を認められることはありません。そのためには、目標を定めた練習メニューを組み立てて地道な努力を重ねる必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ