ヴァリアブル・スプリントはウォーミングアップに適している

水泳のトレーニングの方法の中にヴァリアブル・スプリントという方法がありますが、スプリントはハードよりもさらにスピードを上げる泳ぎ方のことで、泳ぎ始めてから3ストロークに限定して行うもので、ターン、フィニッシユ、浮き上がりを確認するための泳ぎ方です。レース前のウォーミングアップや動作の確認用として利用します。

競泳選手は試合当日のコンディションのレベルが最高になるように日々のトレーニングを行っており、当日の試合前のウォーミングアップは最終的なトレーニングですから、疎かにはできません。これまでの積み重ねがあったとしても、直前に入念に行うか否かによってレースの結果が変わってくることもあります。

アップを入念に行うと疲れてしまうと考える人もいますが、入念に行った方がコンディションを整えやすいのです。
具体的な効果として、動いて体を温めると筋肉が目覚めて動きやすくなり、関節の動きも滑らかになるでしょう。

それによって血液の循環が促進されるので、酸素が体内に供給されやすくなり、体の動き全体を軽快にすことができます。この時の準備が不足すると、水に入った時に体が重く感じられて練習の成果を生かすことかできなくなります。

ヴァリアブル・スプリントをアップに加えることによって心拍数が上がりやすくなりますが、3ストローク程度では体内に乳酸が溜まることはありませんので、体調に支障が出ることはありません。レース前のウォーミングアップとしては適した方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ