ハードはできるだけ息継ぎをしないで泳ぐ練習方法

水泳の練習には多くのメニューがあります。スイミングスクールでも、ウオーミングアップやフォームの確認、距離を泳ぐなど複数があり、選手用はさらに詳細なメニュープログラムが設定されています。この中には息継ぎを少なくしてスピードを上げて泳ぐハードという方法もあるのです。

逆にスピードを緩めてゆっくりと泳ぐことをイージーと言い、イージー・ハードという方法では、100mを泳ぐとして前半の50mは適度な息継ぎを入れた通常のスピードで泳ぎ、後半の50mはできるだけ無呼吸で泳ぎます。

水泳選手が試合で良い成績を修めるとは、他の選手よりも早く泳ぐということが全てです。そのためには、漫然と泳いでいるだけでは筋肉のバランスが崩れてしまったり、筋力や心肺機能の強化できないので、個人の目標と実力に対応したトレーニングのメニューを設計するのが必要です。

目標には目前の競技会に向けた短期的、年数単位で長期的な視野で目標を設定する2つのケースがあります。それぞれの目標に応じた適切なメニューを実施して、納得できる結果に結びつけることができるでしょう。例えば、練習は必ずウォーミングアップから始めますが、いきなり全力で泳ぐようなことはしません。

まずは筋肉を温めることに注力をして泳ぎ、次にキック、プルなど、部分的に強化をし、その後、イージー、ハード、各自の種目、ダッシュなどの方法で練習をします。また、毎日同じメニューを行うのではなく、バリエーションのあるメニューで実施すると、全身の筋肉のバランスを整えることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ