スタビリティは体幹のことでインナーマッスルを鍛えること

スタビリティとは日本語にすると体幹で、コアスタビリティと表現されることもあるでしょう。体のバランスを整えるためには専用のトレーニングをしますが、不安定な姿勢で実施して姿勢をキープすることによって、インナーマッスルのひとつである横隔膜や腸骨筋、大腰筋、中臀筋などすべての動作の基本となる筋肉を刺激することが可能です。

水泳選手にとってもボディバランスを整えるトレーニングは大切で、適切な呼吸方法を実施し、横隔膜が腹腔内圧を上昇して体幹を鍛えることができます。

ドローインやブランクというトレーニングによって、腹圧を鍛えるのが効果的です。例えばドローインは仰向けに寝転んだ姿勢で行いますが、息を吸いながらお腹に空気を入れて吐きながら凹ますという、いわゆる腹式呼吸を数回繰り返して行います。

凹ました状態を数秒キープするのがポイントで、お腹に手を当てながらしっかりと息をすると、筋力をアップさせることができるでしょう。また、ブランクという方法は、うつ伏せの状態になって肘から先とつま先で体を支えて行います。

頭からつま先までが一直線になるように姿勢を整えて、お尻を上げ下げをするだけと、シンプルな方法ですが、お腹に強い刺激を与えることができる方法です。

もうひとつ、サイドブランクがありますが、横向きになってひじから先と足先を床につけて体を整える状態からトレーニングを行います。横向きの姿勢を維持して背面を一直線にするのがポイントで、左右の向きを変えて行うと均等にインナーマッスルを鍛えられるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ