コンビネーションはストロークとキックの組み合わせて泳ぐこと

コンビネーションとは組み合わせという意味で、水泳のトレーニングでは手と足の動作を組み合わせて泳ぐことです。例えばクロールは腕を回して水をかく動作とバタ足で水を蹴る動作が組み合わさっていますが、フォームとタイミングが正しくなければ効率よく前に進むことができないだけでなく、肩や肘、腰などに不要な負荷がかかってしまいます。

クロールのストロークには、左手を頭より前の水面に入水して手のひらを胸から腹に向かって水を押し下げる動作をしている時には、右手は水の押し下げが完了して肘から水面に上げる動作をする方法があります。

この時の左右の腕は同じ位置になることはなく、常にどちらかの手が水をキャッチして押し下げている状態を維持するのが大切です。一方、キックはバタ足で左右の足をしなやかに上下させながら動かしますが、腰からつま先までをスムーズに使用することがポイントです。

ストロークとキックがそれぞれ上手くできるようになったところで両方を組み合わせれば、クロールが完成します。通常、キックは6ビートを採用していますので、1回のストロークを行う間にキックを6回行う練習をすると、効率のよい泳ぎができるようになるでしょうす。

しかし、長距離を泳ぐ場合には、体力を温存するためにキックの数を減らしてください。慣れないうちはこの切り替えをうまく行うことができないことがありますので、正しいコンビネーションのリズムを身に着けることが先決なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ