リバースとは個人メドレーや泳法を逆に泳ぐこと

水泳のトレーニングの内、リバースにはいくつかの考え方があります。例えば、アイエム・リバースと言うときには、個人メドレーを逆順番で泳いで練習をする方法です。通常は、バタフライ、背泳ぎ、バタフライ、自由形ですが、この泳ぎ順を最終種目の自由形から始めてバタフライで終わるように練習をします。

同然ながら逆の順番にターンをしますし、最も疲労の激しいバタフライが最後になるので、ペース配分に工夫が必要です。心肺機能や筋力の強化具合を確認できるメニューと言えます。

もうひとつはリバーススイムで、頭の方向に泳ぐのではなく、足の方向に泳ぎ進めるというトレーニング方法です。初めて行うときにはストロークの間隔が掴みづらいこともあり、1ストロークもかくことができないというのが普通です。キック、プル、肘、手のひら、入水角度など基礎がきちんと行っていればクリアしやすいという特徴があります。

逆回しや逆回転のトレーニングは頻繁に行われているものではありませんが、時折メニューに織り込んで実施すると、フォームの見直しをするきっかけにすることができます。浮くためには何がポイントなのか、キックのタイミングは合っているか、足全体を柔らかく使えているかなど、基礎中の基礎を見直すきっかけになります。

その他、キックだけで進んでみる、キャッチアップを行う、片手クロールを行ってみるなど、泳ぎ方を覚えた順番通りになぞってみると、正常な向きで泳いだときに正確なフォームを実行することができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ