ローリングは肩の高さを変えずに左右に揺れること

クロールと背泳ぎの動きは水面に対する向きが異なるだけで、泳法において大きな違いはありません。そして両方に共通するのは、体の軸を維持して泳ぐことです。この時、体の軸がぶれないように考慮しながら体が左右に揺れることをローリングと呼んでいます。

中には体をくねらせて泳ぐことだと誤解をする人もいますが、体幹がぶれているとキックもストロークも乱れれてしまい、その結果効率よく水をキャッチできない状態になります。両肩の高さを変えないように揺らせれば、大きな動きでスクロールできます。

これは必ずしなければならないという動作ではなく、正しいフォームで泳げば自然に起こる現象なのです。できるようになると膝を高い位置で抜きやすくなり、肩の可動域が広がります。その結果大きなスクロールができるようになるというもので、逆に正常なフォームで泳げれば、自然とローリングができてくるでしょう。

これによって、横に顔を向けて呼吸がしやすくなるというメリットがあります。ポイントは頭を一緒に揺らさないこと、無理に体を左右に揺らそうとしないこと、目線はプールの底ではなく数メートル程度先を見据えて泳ぐことなどがあり、推進力のある力強い泳ぎ方を実施できるようになります。

しかし、クロールのストロークの内、必ず両手を頭の上で合わせて行うストレートアームでは、ローリングは起こりにくいです。クロールの習い始めでストレートプルを利用している場合には、無理せず、確実に両手を合わせることだけに集中するのが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ