ボディポジションはできるだけ水面に近い位置に平行にする

ボディポジションというのは、泳いでいる時にプールのどの深さに体を位置させるかということです。最も推進力を失わずに効率の良い泳ぎができる位置は、水面に近い位置です。これは平泳ぎでもクロールでも同じで、全ての泳法に関わりがあります。

スタート台から飛び込んだ場合には、プールの底すれすれに入ったり、バサロでも深く潜ってしまう場合がありますが、泳ぐには浮き上がりをしなければなりませんので、ルールではあまり深い位置にするのは、効率が悪いということになっています。

例えば平泳ぎの場合には、キックもストロークも横方向に動かすのが基本で、常に横方向に平行に動かします。そして、最適なボディポジションは、やはり水面近くにプールの底と水平に位置することです。できる限り水面に近い位置で、キックもストロークも行うことで、無駄な動きを排除してスムーズに泳げるようになります。

また、クロールではキックもストロークも上下に行いますが、体は水面に対して平行を保ちます。

体を反らすことはフォーム的にも良くませんので、注意が必要です。また、クロールに特有のローリングは左右運動ですが、軸の位置を維持することが大切で、体幹を維持することによって、ローリングをしても体がぶれてしまう心配はありません。

体幹を維持するには筋力が大切です。筋肉の力が弱ければスクロールのたびに左右に揺れが大きくなってしまい、効率の良い泳ぎができなくなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ