プルは水をかいて後ろに押し出す動作のこと

プルは水をかく一連の動作のひとつで、手のひらでキャッチした水を胸から太もものあたりに押し出すようにすることを言います。まず、水をキャッチして押し出す動作は、4つの泳法のすべてに共通していることで、違いがあるとすれば、手の甲や手のひらの使い方です。

また、腕全体で水を描き寄せることから、入水時の手の角度はポイントのひとつと言えます。クロールを例にとるとスクロールにはストレート、I字、S字がありますが、前に進むためには入水した手を手前に引きさえすればよいのです。ストロークの種類が違っていても、基本的な動作は同じです。

かき集めて送る、これだけで体を前に進めることができるでしょう。S字型のストロークが最もよいという人がいますが、体幹の動きと連動しにくいという特徴があり、十分なローリングを行えないということもあります。腕でかき集めてお尻に送るというこれだけの動作がうまくできないケースがあるのです。

それはS字法などでフォームを意識しすぎた結果で、体幹と肩付近の関節が連動していないという証です。
水をキャッチしたらプルする、これが動作の全てで推進力の基本です。

しかし、S字の腕の動きにこだわるあまり、肘の高さやフィニッシュの形こだわってしまうと、筋肉疲労の原因にもなります。クロールのプルの3種類のうちストレートアームが初心者向けとなっているのは、形にこだわり過ぎて他の動作がおろそかになる可能性があるのが理由です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ