フィニッシュまでの動作によって推進力に差ができる

泳ぎには腕と足の動きに順番があり、これを守って実施することによって効率の良い泳ぎができ、競泳では好タイムとして反映することが可能です。その中でフィニッシュというのは、ストロークによって水をキャッチしたあと、腕を水から引き抜く前に後ろに押し出す動作を指します。

これはクロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの4種類の泳法に共通することで、推進力を得るためには欠かせない動作のひとつです。別称としてプッシュということもあるでしょう。泳ぎの基本的な手の動作はストロークと言いますが、エントリー、キャッチ、プル、フィニッシュ、リカバリーに分けられます。

まずはエントリーで手を水の中に入れますが、できるだけ頭から遠い位置に入水するほど次の動作を効率よく行うことができ、そして、キャッチの動作ではエントリーで入水した手で水をしっかりととらえ、プルによって水をかきはじめてフィニッシュでしっかりと押し、手は太ももの外側あたりにスタンバイをしてリカバリーに備えます。

泳法によってキャッチからリカバリーまでの手の向きや角度には微妙な違いはあるものの、いずれの動作も正しく行えば推進力として効果的です。

例えばバタフライにおいては、太ももの横からお尻に水を押しますが、上腕三頭筋の筋力が不足していると効率の良い泳ぎをすることができません。筋力不足またはエントリーからプッシュまでの動作が不十分であると、十分に水を押し出すことができませんので、動きに無駄が出てしまうでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ