ひとかきひと蹴りとはターンの後に認められている水中での動作のこと

平泳ぎでは、飛び込みをした直後とターンをした後に認められている動作を、ひとかきひと蹴りと言います。この時に許されている動作は、水中で1回だけストロークをすることと、1回だけキックをすることですが、必ずしも行わなければならないという規則ではありません。また、ストロークが2回になると違反です。

しかし、水の中では水の抵抗を受けずに距離を稼げますので、ほとんどの選手が利用していますし、必ず取り入れるようにすると、自分の泳ぎのリズムを作れ、タイムアップに効果を得られます。

この動作を行った直後のストロークで、水面から頭を出せなければルール違反となり、最後まで泳ぎ切ったとしても最終的には失格扱いとなり、例え新記録でゴールしても参考記録にしかなりません。

また、平泳ぎにおけるルールでは、プルは腹部より上で行わなければならず、腕を胸の前で縮めながら頭の上に伸ばしてキャッチからリカバリーまでを繰り返します。

競泳での結果はタイムが全てですから、ストロークとキックを正しく実施することや飛び込み、ターンのルールを守るのが結果に反映され、規則を守って泳ぐことで納得できるレースを展開できます。

そして、スタート直後には飛び込んだ勢いによる推進力がありますので、タイミングを見計らって動作に移るようにします。このことから、水中で行う動作は慌てて行わなくても良い、ということを心得ておくと良い結果として反映できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ