バタ足はキックの方法のひとつでクロールと平泳ぎに利用する

クロールと平泳ぎのキックの方法として利用されるのがバタ足で、左右の足を上下に順番に動かして推進力を得る方法です。足に力が入ってしまうと動きが無駄になってしまいますし、自転車をこぐように膝が曲がってしまっても前に進みにくくなります。

最も効率が良いのは、股関節からつま先までをしなるように柔らかく動かすことです。クロールの時には蹴り下し、背泳ぎの場合には蹴り上げをする動きを意識すると、水をキャッチしやすくなります。また、正確なキックができていると、お尻が筋肉痛になる場合もあります。

正しくバタ足をするには、足の動きはもちろんのこと、体全体のフォームを整えることも大切です。基本的には頭の先からつま先までをフラットにすることで、できれば多少背中が沿っている方がキックを生かしやすいでしょう。

また、体のフォームが乱れていると、正しいキックができていても下半身が沈んだり頭が水没したりするので、推進力を得ることができませんし、疲労しやすくなります。

キックはとにかく足を上下に動かせばよいというものではなく、足の裏や甲で水を感じて押し出すことをイメージすることが大切です。キックが正しく行われている目安は水面の盛り上がり方で、左右の大きさが均等で高く水が水面から盛り上がっているかどうかという点にあります。

ただし、水しぶきが高く上がるような状態は足に力が入りすぎている証ですから、正確なキックの方法を確認なければなりません。また、水を掴む感覚があまり感じられない場合には、フィンを利用しても良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ