飛び込みは体重移動から始めるときれいにできるようになる

スイミングスクールではあまり積極的に行われることはありませんが、競泳の選手のトレーニングでは背泳ぎ以外はスタート台からの飛び込みによって競技を開始します。

競泳ではタイムによって優劣が決まりますが、プールの端から壁を蹴って泳ぎ始めるよりは、専用の台の上から飛び込んだ方が距離を稼げるほか、タイムを短縮することも可能です。

また、スタートの方法は大きく2種類あり、台の端に両足を揃えて構える方法と前後に足をずらして構える方法があり、いずれのやり方も最低でも1.5m程度の水深がなければプールの底についてしまうことがあるため、利用する施設の規定に従って練習しなければなりません。

きれいにスタートを切るためには、浮き上がりを考えてできるだけ浅い位置に着水するのが望ましく、はじめに指先から入水しますが、他の体の部位がすべて同じ位置から入水できると美しいフォームで遠くに入水することが可能です。しかし、初心者は頭を下にすると怖がることがあり、腹打ちになってしまう場合が多いです。

顔、胸、腹が同時に着水すると痛みを伴いますし、鼻で水を吸い込みやすくなってしまいます。練習をするには、はじめはプールサイドなどの低い位置より、角度をつけずに行います。体を二つ折りにしたりしゃがんだりして、なるべく水に近い位置から始めるとコツをつかみやすいです。

両腕を耳の脇に付けて頭より高く上げ、手のひらを合わせ、あごを引いて体重を指先に移動させるようにして指先から入水します。はじめはプールのヘリの近くでも構いません。慣れたら、少しずつ高い位置に移動して、遠くに入水するように練習するときれいな入水ができるようになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ