ストロークレートをテンポトレーナーに活用してトレーニングする

ストロークレートとは泳ぐ時の腕の動作のスピードで、1分間に何回実施されているかという数値のことです。例えば、算出された数値が30ならば1分間に30回、2秒で1回腕を動かしているということになります。そして、ストロークを1回するのに要する時間をテンポと言い、泳ぐ時のピッチやタイムアップの参考に利用できます。

テンポには標準値がありますが、1回の計測では誤差が生じる可能性が高いため、ストロークレートで算出した数値で判断しています。計測結果によって定めたテンポ通りにトレーニングをするには、コーチとマンツーマンでトレーニングをしても良いのですが、テンポトレーナーという専用のトレーニンググッズを使用するのが効果的です。

グッズにはクリップがついているので、スイムキャップの下もしくはゴーグルに装着して使用してください。クロール、バタフライ、平泳ぎ、背泳ぎのすべての泳法に使用でき、グッズから発信されるテンポに合わせてトレーニングを行い、泳ぎながら自分で調整することができます。

腕の振りによって進める距離を伸ばす効果があるので、スピードアップを図ることが可能です。また、テンポは泳ぐ距離によっても標準値が異なっているので、泳ぐ距離によって設定値を変えることでペースをつかみやすくすることができるでしょう。

また、3アップ3ダウンのような低酸素ドリルを実施する場合にも利用でき、体内の酸素を最大限に活用できるように体内の環境を整えることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ