ストロークは水中を進む為に必要な腕の動かし方

ストロークとは英語では連続する動作のことで、泳いでいる時に推進力をより得るために行う腕の動かし方を指します。腕の振りには一連の動作があり、まず水中で腕や手のひらを使って水をキャッチし、プルすることで胸元に引き寄せ、プッシュオフによって後ろに押して前に進みます。

この後、リカバリーという動作によってスタートの位置に戻します。この動作を連続して行うのが泳ぐということなのです。腕の動かし方は泳法によってそれぞれ特徴的な動きがあり、一連の動作をいかにスムーズに行うかによって、速く泳げるようになるでしょう。

フォームが不適切であると、推進力に反映できずに腕に疲労が溜まるばかりという悪循環に陥ってしまうので、正しいフォームで実施することが大切です。また、飛び込みやスタート時にはスタートダッシュに大きく影響し、ターン直後、引き継ぎ時にも重要なポイントとなるので、タイミングや入水時の肘や手の角度には注意が必要です。

さらに、正しいフォームによって美しい泳ぎができるということは、速く泳ぐことにもつながります。正しいストロークができずに推進力を得られないという人は筋肉の使い方が間違っている場合があります。

ポイントを押さえて腕を振ることができれば過度な負荷をかけずに楽に泳げますし、長距離であっても楽に泳げるようになります。また、ストローク数は効率よく泳げているかどうかの目安になるので、一定の距離においての数を知っておくとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ