ストレートアームとは肘を曲げないで水をキャッチすること

クロールの泳ぎ方には腕の使い方によって大きく2種類があり、ストレートアームは肘を曲げずにストロークを行うテクニックです。肩から指先までをまっすぐに伸ばしたまま入水をして、フォームを維持したままキャッチ、プル、リカバリー、フィニッシュまで行いますので、ストロークのスピードを上げやすいです。

特に、腕を力強く使うことができて瞬発力に優れているのが特徴なので、短距離を泳ぐ場合に適しています。多くの競泳選手が使用しているフォームは、肘を曲げてストロークを行うタイプです。

肩甲骨の筋肉を使ってひじを高く上げて回す方法は水をキャッチしやすいのですが、ストレートアームに比べると腕にかかる負荷が少ないのが特徴です。瞬発力を得ませんが、長い距離を泳ぐ場合には適しています。

また、息継ぎで顔を横に回したときには肘と水面の間に出すタイミングがとりやすいため、コーチによっては最初から肘を曲げる方法を指導する場合があります。肘から指の先までの力を抜けば自然に肘を曲げることができて、美しいフォームで泳げる方法です。実際にはどちらの方法が正しいということはありません。

泳ぎやすいアームの使い方をすればよく、それぞれの特徴を知って利用すればより良い泳ぎができますし、タイムに反映させることもできます。両方に共通することは、ストロークは肘から回さないということです。肩甲骨の筋肉を使って肩から回すように心がけると、しっかりと水をキャッチして推進力につなげることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ