キャッチアップクロールはスピードを出しにくい

水泳には泳法によって泳ぎ方が複数あり、クロールの時の手の動かし方のひとつがキャッチアップクロールです。特にクロール初心者に向いている方法で、先にリカバリしてきた手に追いつくように手を伸ばすことを言います。キャッチアップするタイミングで泳ぐことから名称がつけられました。

必ず頭の上で両手を合わせてから次のスクロールを始めるので、キャッチする水の量もあまり多くなく、スピードも出しづらいというという特徴がありますが、正確なストロークをすることに意識を集中できますので、フォームが固まっていない初心者に向いている方法でしょう。

効率よく推進力を得るためには、スクロールのタイミングがポイントです。エントリーからグライドの動作をするタイミングで反対側の手がプルの動作をしている場合は、クライドとプルが同時に行われますが、このタイミングが最も推進力を得やすいとされています。

しかし、この方法は頭の上で必ず両手を合わせるキャッチアップクロールを用いている場合には活用できませんので、スピードを重視する人は別の泳ぎ方を導入するしかありません。

このことから、競泳の選手や早いタイムで泳ぐことができる人はキャッチアップでは泳いでいません。左右の手は必ず交互に水を捕まえることができるように動かしていますので、頭の上で両手が合わさることがない泳ぎ方を用いています。連続して腕を動かすタイプの泳ぎ方はコンティニュアスクロールと言い、スピードを出しやすい泳ぎ方です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ