キャッチとは正しいストロークをするための動きのひとつ

水泳においてキャッチとはストロークをする動きのひとつで、水の中に手を入れて掴むことを指しています。泳法によって水に入れる指の順番が異なりますが、クロールの場合には人差し指から入れるのが正しい向きで、やや外側を向けながら水面下約5cm位を目指してください。

中指から入ってしまうと角度が浅くなってしまいますし、手のひらが下向き近い形になるので、効率よく水を掴むことができません。また、深く入水すると抵抗が大きくなり十分に水を捕まえられないばかりか、プルの距離も短くなるので推進力も少なくなってしまいます。

そして、キャッチをするときにはできるだけ頭の上より遠くの位置に入水するように手を伸ばします。左右の手の長さは若干異なっているので、左右の手を同じ位置に入水するのは難しいかもしれませんが、肩甲骨を動かして最大限の位置を目指して入水します。

そして、体の中心より外側に入れるようにするのが最も少ない抵抗で泳ぐ方法です。この時の入水地点はキャッチポイントと呼び、手のひらだけでなく肘から先全体で水をとらえるようにイメージをすると多くの水をかくことができます。ストロークで水を捕まえるには左右の手のタイミングも大切です。

リカバリーして戻した手と反対側の手を一度頭の上で重ねてから泳ぐ方法があるものの、このようなタイミングではスピードのある泳ぎができません。そのため、片手が水を捕まえている時には、反対側の手はリカバリーをしているというくらいのタイミングが、もっとも早く泳ぐことができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ