うねりとはバタフライ独特の体の動きのこと

バタフライは独特の泳ぎ方が特徴的で、腰を使ったキックによって全身を上下に動かしてうねりを作りながら泳ぎます。下半身はイルカが泳ぐような動きを模したドルフィンキックを行い、上半身は腕は肩から両手を同時に回して水をキャッチして推進力を得て前に進みます。

うねりは体が上下動することで起こせますが、沈み込みと浮き上がりとに分けられます。まずは下半身のドルフィンキックはヒザを45度くらいに曲げて、親指が付く角度でやや内またにした位置から蹴り始めます。腰から下をしならせるようにイメージをして腰、太もも、ひざ下、足首、つま先の順番に連続して動かします。

度のポイントでも力が入っているとうまく動かせませんので、リラックスして実施することが大切です。太ももを上手に使えれば、蹴り上げとと蹴り下しがスムーズに行えるでしょう。

次に上半身ですが、ストロークは肩甲骨から回すように心がけなければ、沈み込みと浮き上がりをバランスよく行えません。両肩を下げてプッシュをしたら反動でリカバリーで沈み込みをし、エントリーではできるだけ手を前に伸ばしてキャッチの準備をし、後ろに引くと浮き上がりが可能です。

しかし、浮き上がりの力が弱いとストロークの時に水面からあまり上がることができないことがあるでしょう。肩甲骨のを意識することで改善することが可能です。キックと腕の回し方を丁寧に行うことがバタフライの基本ですが、スピードをあげて早く泳ぐためにはうねりは小さい方が有効であるといわれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ