ラッコキックは背面で水に浮くための練習方法

ラッコと言えば仰向けになってお腹の上で貝を割っている姿が良く知られていますが、ラッコキックは貝をビート板に置き替えた背泳ぎのためのキックの練習方法です。水泳の初歩の段階では、全身の力を抜いて仰向けに漂うところから始めますが、どうしても体に力が入ってしまい、背面で浮けない人もいます。

このような状態を克服するためには、浮力のある補助器具を利用したトレーニングによって水の中に浮く感覚を掴むのが効果的で、そして背泳ぎを上達させるためには、まず背面浮きをマスターして、キックとストロークは徐々に練習するのが効率のよい方法でしょう。

ラッコキックはとても簡単で、ビート板をお腹に抱えて足でプールの底を蹴ると仰向けで浮くことができます。この時の注意は両手に力を入れないこと、腰を引かないこと、首から頭にかけて力を入れないことです。ビート板があれば必ず浮くので、余分な力を抜くことが大切です。

ビート板に頼りすぎて悪い姿勢の癖がついてしまうとフォームの修正が難しくなるので、浮く感覚がつかめたら腕や足につける他の補助器具に替えるとよいでしょう。背面で浮くことができるようになったら、キックやストロークをつけていきます。

バタ足は自転車をこぐように行うのではなく、膝を曲げずに上下に足を動かすところから始めてください。力を入れずにゆらゆらと足を動かすだけで水の中を進めるでしょう。足首だけ、ひざ下だけと段階を踏んで水を蹴る練習をして下半身が沈まなくなったら、手を頭の上で三角形を作るように組みます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ