ハイエルボーは肘の位置を手首より高く保持すること

水泳はキックとストロークで水の中を泳ぎますが、代表的な4つの泳法に共通することは水中から腕をリカバリーするときには肘の位置を意識することが大切であるということです。

ハイエルボーとは肘を曲げて手首より上に位置を保って行うストロークで、水からの抵抗が少ないのはもちろんですが、腕にかかる負荷も少なく、肩の関節や筋肉を動かしやすいという特徴があります。それによってリカバリーがしやすくなるというメリットがうまれますので、よりたくさんの水をキャッチしやすくなります。

腕は大きく回して、頭より遠くの位置に入水するのが効率的な泳ぎにつながるのですが、初心者が陥りやすいのが手首より下がった位置から肘を回してしまうために、入水ポイントが近くなってしまったり、低い位置でしか腕が回らなかったり、という現象が起こり、その結果、早く泳げない、腕を回してもなかなか進まないということになってしまうのです。

肘の位置は早い段階で修正をしなければ、泳ぎを上達させることが難しくなります。
例えばクロールの場合、頭の上から水をかいてきた手は、プールの中では上を向いているのが正しい向きで、そのまま肘が天井らから引っ張られるようにして抜くように心がければきれいなフォームを作ることができます。

そして、手首は力を抜いて引っ張られるままに引き上げられるようにします。手首が曲がったり、上に上がったりしているのは正しい形ではありません。腕が頭の上に伸びるまで手首は前に出さないことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ