ハイエルボーリカバリーは水の抵抗が少ない

クロールは左右の手を交互に動かし、水をかき分けて推進力を得ることができる泳ぎ方で、この時の手の掻き方によって、推進力に差が出るのが特徴です。そして、ハイエルボーとは肘を高く上げてストロークをすることで、リカバリーとは頭の上から水を押し出した手が太もものあたりから再び頭の上を目指して移動するまでの間を言います。

つまり、ハイエルボーリカバリーとは高い位置で肘を抜き差ししてストロークをすることなのです。特に肘の位置を高く保持するのはクロールにとっては大切なポイントで、水面すれすれで腕を回しても、筋肉に負担がかかるだけで推進力のない泳ぎとなってしまいます。

クロールは手の動きがフォームの美しさを決めるといっても過言ではありません。水を掻きだした後に水中から腕を抜くときには必ず肘を曲げます。腕を伸ばした状態で水の中から抜き差しをすると抵抗が大きくなるとともに、肩から肩甲骨にかかる筋肉に大きな負担を与えてしまいます。

例えば関節の硬い人にとっては違和感になってしまい、無理をすると痛めてしまう場合もあるでしょう。その点、曲げた状態での抜き差しは水の抵抗が最小限ですし、余分な力をかけることなくスムーズに腕が回せますので、リカバリーしたあと十分なキャッチを行えます。

さらに、スムーズな腕の振りをすることによって、下半身も安定しますので、全体にバランスのとれた泳ぎが可能です。肘の位置を高く保てるようになれば、ボディーのローリングもスムーズに行えるので、早い泳ぎを実現することができるようにもなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ