ストリームラインとは水泳の基本姿勢のこと

水泳の姿勢で大切なことは上・下半身のバランスで、頭からつま先まで一直線になることが理想的です。この時の姿勢をストリームラインと呼んでいますが、ラインを維持することによって浮きやすい姿勢を維持することができて、水から受ける抵抗を最小限にすることができます。

特に泳ぎを初めた初心者はこの点を注意することで、推進力を得やすくなり、上級者用のストロークやキックのトレーニングをする際にも役に立てることができるでしょう。ストリームラインは、全ての泳法の基本でもありますのでポイントを押さえておくと姿勢を維持しやすくなります。

最も基本となるのは、けのびの体勢で両方の腕は耳の後ろを通るように指先が引っ張られるようにイメージをして両手を重ね合わせて伸ばし、足は揃えます。腰が折れていたり、膝が曲がっていたりすると下半身が沈んでしまう原因です。

始めからプールの中で練習をするのが難しい場合には、プールサイドにエクササイズマットなどを敷いてフォームの練習をすると覚えやすいでしょう。

フォームを体で覚えたら抵抗の少ない泳ぎをすることができ、ストロークやキックによる水のキャッチが自由文に行えるようにもなります。この形は、部屋にマットを敷いてその上に寝てそのラインを意識して体勢を作ってみて下さい。

水中では最初のうちはどうしても浮きたい、沈みたく無い、という点に考えがいってしまいがちですので、沈む事の無い所で形を作ってみることによって正しい姿勢がつかみやすくなります。その後、水中に入る練習の中で、壁をキックしたあとストリームラインを作ってみる蹴伸びを繰り返す事で、正しい姿勢を意識できるようになってくるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ