グライドクロールは頭から遠くに手を入水する手法

クロールをするときのストロークはできるだけ頭から遠いところに手を入水するのが大切で、この時の動作をグライドと呼びます。英語では滑るようにという意味がありますが、クロールにおいては滑るように遠くの腕を伸ばしてより多くの水をキャッチすることが重要です。

腕の筋肉は必要ですが、力みがあっては腕の伸びが不十分になってしまうので、できるだけリラックスして、肩全体を使って回すようにすると水を掻くための準備を整えることができます。

ストロークのポイントは単に腕を進行方向に上げるのではなく、頭の上に伸ばすことが大切です。しかし、腕があまり伸びずに手前に落ちてしまう場合には、肩の筋肉が硬いか不自然に力が入っているなどの理由が考えられます。力強く泳ぐことが求められますが、力みは禁物なのです。

また、下半身が下がっている場合にもこの状態になることがあるので、リラックスして体全体の浮力を維持すると、適切なストロークを実施でき、早く泳ぐことができるようになるでしょう。例えば長距離を泳ぐなどハードな練習を続け、疲労が蓄積しているとストロークが徐々に小さくなってしまう傾向があります。

そうなると、泳いでも泳いでも進むことができなくなるという状況になり、このような無駄な泳ぎを回避するためにはグライドクロールを意識した泳ぎが必要で、そのためには肩や上半身の筋力アップ、体力の向上をすると効果的です。その他、小指から入水するように心がけるのも効果があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ