アイソトニックコントラクションとは等張性筋力のこと

アイソトニックコントラクションとは等張性筋力のことで、筋収縮が行われる状態を指します。日常における動作やスポーツの動きを伴っている状態なので、日常生活上では常にアイソトニックコントラクションが連続していると考えてもいいでしょう。

もう少し詳しく言えば、収縮するときに長さが変化し、長いときより短い時の方が大きな力を発揮できるという特色を利用してトレーニングを行うことを指します。トレーニングをして鍛えることによって、筋力の強化、筋肉の持久力の強化を養え、水泳に必要な体作りができますが、過度に鍛えてしまうと疲労が蓄積しやすくなってしまうので注意が必要です。

アイソトニックコントラクションは、一定の負荷に対する動的運動のことですから、例えばダンベルを持ち上げようとするときに発揮されるパワーをより強力に鍛え上げるのを目的としています。

そのため、バーベルやダンベルなどのウエイトを利用した筋力トレーニングでは負荷を与えながら、少しずつ鍛えるのが効果的です。トレーニングをする場合には、筋力の2/3以下の負荷から始めて少しずつ高くするようにすることで確実に鍛えられます。

太もも、ふくらはぎ、腕など泳いだときに筋力が不足している部位を中心に行うことで、泳ぎに力強さが出ますし、体のバランスが整いますので、スピードを増すこともできるでしょう。パフォーマンスの向上には欠かせませんが、正しい知識を持ったインストラクターの指導の下に行うのが最も適切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ