パーソナルファウルとは水球における違反行為

水球には2つのタイプのファウルがありますが、パーソナルファウルは試合中の行為が、進行を中断したり妨げたりするなど違反であると見なされたとき与えられる罰則で、エクスクルージョンファウル、ペナルティファウルの2つのタイプに分けられます。

エクスクルージョンファウルというのは、ボールを持っていない相手の選手に対して妨害行為を行う、相手のフリースローに対する妨害、ゴールキーパー以外の選手が両手を使う、故意に暴力と見なされる行為を行う、審判に対して暴言を吐くなど、判定を無視する行為などが規定されています。

これらの違反があったと判定された選手は、20秒間の出場停止処分となり、その代り相手のチームにはフリースローが与えられるのです。

もうひとつのペナルティファウルとは、5m以内のエリアで得点を奪われそうになった相手の攻撃を違反行為によって阻止しようとする、20秒間の出場停止処分をうけたプレイヤーによる故意の競技の妨害行為などがあります。

ペナルティファウルがあったと指摘された選手は退水を命じられ、審判からの合図があるまで赤いロープ内の再入水ゾーンで待機し、20秒間は違反者を出したチームは少ない人数で戦わなければなりません。

そして、一人の選手が1試合の中で3回の違反をとられると試合時間中退水という処置がとられ、その試合の出場資格を失います。試合時間中退水は永久退水とも言い、また、違反が目に余る場合には即刻永久退水処分となることもあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ