ハイエルボーキャッチ推進力を得るためのストロークのフォーム

クロールでも平泳ぎでも、より水をキャッチするためにはストロークが大切なポイントとなりますが、正しくストロークができるためには肘を高く上げて肘から先を下げなければなりません。

このことから、ハイエルボーキャッチは肘を高く上げたストロークを行うための手の動きのことを指していますが、もう少し細かく言えば、肘を高い位置に固定しながら手を下ろして水をキャッチした状態のことを言います。

水泳はストロークとキックによって推進力を得て水の中を進むことができます。より多く前に進むためには心肺機能や筋力も必要ですが、それ以上に正しい泳ぎ方を学ばなければなりません。

ハイエルボーキッャチを正しく理解するだけでも泳ぎを進化させることができますが、肘の位置を変えないことにばかり注意が集中すると、二の腕が引っ張られるような感覚になり、不自然な動きになってしまい、上半身と下半身のバランスが崩れやすくなります。

このような不都合を回避するには、手首の力を抜いて親指が下になるように少し腕をねじって入水をするのがポイントです。
例えば、クロールのハイエルボーキャッチを理解した後に実践して泳ぐためには、体全体をローリングするとよいでしょう。

体が一直線のままでは上半身に余分な負荷がかかってしまい、理想的な泳ぎが出ません。肩にハンガーが入っているイメージでストロークをすると腕だけで泳ぐのではなく、肩や背中の筋肉を動かした泳ぎができるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ