トラックスタートは足を前後に開く飛び込み方

背泳ぎ以外のクロール、平泳ぎ、バタフライのスタートは専用台から飛び込まなければなりません。トラックスタートはバックプレート付きスタート台を利用した方法で、陸上のクラウチング方式に似ています。競泳ではタイムが勝敗のすべてなので、正しい方法で行うことができれば、よい結果に繋げられるでしょう。

そして、コース内での泳ぎ以外には、スタートのタイミングによってもタイムに差が出てしまうのです。また、個人種目ではターン、団体種目のリレーでは中継のタイミングも大きく関わってくるでしょう。泳ぎ出しがスムーズに行うことができれば、水に乗ってベストの力を出しやすくなり、理想的な泳ぎができる確率が高くなります。

一般的には両足を揃えてスタート台の上に立ちますが、トラックスタートでは、左右の足を前後にずらしてスタンバイします。

用意の合図でバックプレートがある場合には片足をつけ、ない場合には自分に適した位置に足をセットして前かがみになり、あごを引いて視線は足の先に向け、スタートの合図で体を後ろに引いて弾みをつけて入水をしますが、高く飛び上がるというのが特徴です。

効率が良いのは、指先から頭と順番にプールに入る時には同じ位置から体を滑り込ませるようにすることで、水しぶきが少ないのが理想的なフォームであると言われています。

体の重心を一度後ろに移動させる方式ですから、他の方法と比べると入水のタイミングは遅くなりますが、入水後に推進力を加速することができるため、アスリートのなかでも利用する比率が高いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ