スカーリングはシンクロナイズドスイミングの基本

スカーリングとはシンクロナイズドスイミングで水をキャッチするための動作のひとつで、手のひらによって作る揚力で体のコントロールをしたり、浮力を維持したりすることができます。また、この動作は前腕回内屈筋群や回外伸筋群の筋力トレーニングとしても効果があります。

基本は、肘から指の先までは一直線に伸ばした状態から、手のひらだけを45度位の角度にして外側に水をキャッチするように動かします。次にキャッチした水を戻すようにして手首を返し、手首で8の字を描くようにイメージしながら動かすのがコツです。

基本をマスターすることができたらどのような姿勢をとっても浮かぶことができるようになります。たとえば、仰向けに水平の姿勢に浮いた状態では、肘を直角に曲げて手のひらを腰のあたりに配置してスカーリングをすると、その場にとどまっていることができます。

その場から移動する時には、手の甲を持ち上げると頭の方向に動き、つま先に方向に移動するには手首の向きを変えて動かしてください。また、足を上げた姿勢で維持するには手のひらはお尻の下で動かしましょう。

シンクロではこの手の動きをマスターできなければ、浮いていることができませんので、ルーティンのフォームの練習をすることもできません。

練習を重ねて自分の体に覚えさせることが大切で、効果的な方法のひとつとしてビート版に座って行うというものがあります。手の動きが正しければバランスを取りやすくなり、楽に座っていられるようになるでしょう。また、人差し指と中指の間を軸にして動かすと手の角度を固定しやすくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ