アウトスイープで大切なのは入水時の手のひらの角度

平泳ぎのストロークは2つの動きの組み合わせで成り立っていますが、推進力に大きくかかわりがあるのがアウトスイープで、スムーズにインスウィープに移行するためにも大切な役割を担っています。ポイントは手のひらを外側に向けて水に入れることで、これによってハイエルボーを維持することもでき、さらに推進力を得ます。

ハイエルボーとは肘の位置を高くすることで、腕を十分に引き付けられるので、次の動作への移行がスムーズに行えるようになるのです。もし手のひらがプールの底に対して平行になってしまうと、肘も下がってしまい、水をしっかりとキャッチできないので、効率の悪い泳ぎとなってしまうでしょう。

手のひらの正しく入水するには、親指の位置をさげて小指を上げ斜め45度にします。ただ、腕を引き寄せるのではなく手のひらの角度に注意をするだけでキャッチできる水の量に差が生じるのです。

また、正しい手のひらの向きが正しければ肘の位置を高く保てるので、スピードのある泳ぎをすることができるようになります。肘の位置が低いと上半身を前に引き寄せるパワーを生むことができないため、加速した泳ぎができなくなるのです。

ポイントは、腕はすっかり伸ばさず多少の遊びを待たせて外側に掻く、腕はプールに深く差し込まず浅い位置で水を掻く、そして途中で頭を上げないことの3点です。特に、途中で頭を上げると下半身が下がってしまい水の抵抗を受けやすくなってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ